プレイヤーに意図的に不利益を与える

7-08

運営を行うオンラインカジノサイト側はどちらにせよ、運営を行うにあたり、オンラインカジノを法律で認めてる国の峻烈審査を受け、運営を峻烈運営基準をクリアしてないとすることすら許されないのです。さらに、常にゲームの公平性を保つために運営を行うにあたっても外部の第三者機関と呼ばれる機関にゲーミングデータのチェックや運営会社での不正が行われてないかをチェックされる立場にあります。

政府公認のライセンスをいくら取得していて、第三者機関の監視を受けていて、世界的に有名なゲーミング会社を採用していたとしても、ほんとに安全なのか信頼ができるのかという点については、それのみではさすがに「絶対に大丈夫!!」とは、残念ながら言い切れないかも知れません。マイクロゲーミングやプレイテックと呼ばれる有名なところでは、世界中でも人気の沖雲ソフトウェアを使用していたり、自社ブランドとして最近ではオリジナルのゲームを作成しているところもあります。

このように、その運営企業単体の意向のみでオンラインカジノは運営が行われてるのではなく、プレイヤーに意図的に不利益を与える事のできないようなゲーミング会社、政府発行のライセンス、第三者機関の監視などがあってシステムで運営が行われてるのです。オンラインカジノって言われても、その実態が身近ではナッシングのでナカナカピンッとこない人も大量かも知れませんので、オンラインカジノがどういうようなものなのかを簡単に説明をしていきます。

日本でいうところのオンラインカジノはパチンコやパチスロなどと似ていて、各オンラインカジノサイトとソフトウェアといわれるゲームの全てを担う会社が契約をして運営をされているところがほとんどです。事実、業界的に今でこそでかくなり知名度があがってきたおかげで減りましたが、キャッシュアウトが出来ない・プログラミングデータの不正をしてた悪質なオンラインカジノサイトも残念な事に存在してるようですからご注意ください。