日常的に遊ばれているエンターテインメント

7-03

日本ではあまり聞くタイミングがない事がこんな大きな業界に関して不思議ですが、今になってはロンドン株式市場とかNASDAQで実の所沢山のオンラインギャンブル会社やオンラインカジノが上場しています。今でも多くのオンラインカジノ運営者がライセンスをとりているアンティグア・バーブーダは、人気国です。

今は大手のオンラインカジノのソフトウェア開発会社であるマイクロゲーミング社が1994年に設立をされます。1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアがオンラインカジノの本当の始まりは、オンラインカジノ運営者へはじめて正式なライセンスを発行する法律を可決したところにさかのぼることが出来ます。

ヨーロッパ各国、オーストラリア、カナダなどでいまや日常的に遊ばれてるエンターテインメントのひとつとなっているのです。ライセンスをいまや発行をしている国も、20カ国以上存在してます。

オンラインカジノで欠かせないプログレッシブジャックポットゲームがすでに1998年から今では誕生したり、他のプレイヤーと一緒にプレイできるマルチプレイヤーテーブルなどが1999年には出現します。プレイヤー保護とかイカサマの運営者を排除するための規制体制の向上とか監査基準の構築など、ゲームの充実と共に、長たらしい年月を経て安全に安心をしてプレーする環境が整っていきます。

数十個しか当初はなかったオンラインカジノサイトは、数千個のオンラインカジノ、ポーカー、ビンゴ、スポーツブックなどの今となってはジャンルに分かれたサイトや大規模な数百社のソフトウェア開発会社が存在の市場として発展しています。マイクロゲーミング社、クリプトロジック、ボスメディアなど、1996年からはじめて今でもメジャーなオンラインカジノをソフトウェア開発会社が展開をしていきます。